分類 / 不安
2011年01月31日

楽天的とは、強い意志をもつこと

新聞にひき逃げ事件の記事が載っていた。
犯人の供述「酒を飲んでいたので、怖くなって逃げた」
なぜ、事故を起こしてはじめて「怖くなる」のだろう。
酔っ払い運転をしている時点で怖いと思うべきなのに。

ニュース番組の中での、万引きの実態を取材した特集。
スーパーの商品を盗んで保安員に捕まった男は、「会社や家族には言わないでください。お願いします」と土下座して泣きついた。
そりゃ、職場や家族に知られれば、まずいことになるだろう。そんなことは、盗む前から分かっていたはずだ。
だから、ふつうの人は泥棒なんかやらないのだ。

彼らは、悪い意味での楽天家だ。
自分に都合の悪いことは起こらないと思い込んでいる。
ひき逃げ事件を起こすような人も、まさかはじめから「人をはねても、逃げればいい」と考えているような極悪人はほとんどいないだろう。自分が事故を起こすことなど想像もしていないから、起こしてはじめて、「どうしよう、どうしよう」とパニックに陥り、冷静な判断力を失ってしまうのだ。

楽天的に考えることは、たしかに大切である。
不幸になることを怖れてつねにびくびくしている人は、悲観的であること自体がすでに不幸である。
楽天家であるほうが、明るく楽しい人生を送ることができる。
ただし、「楽天的」とは、頭を空っぽにすることではない。
後先考えずに行動し、「こんなことになるとは思わなかった」というのは、ただ愚かで無責任なだけだ。

楽天家とは、最悪の事態も想定した上で、「悪いことはめったに起こらないだろうが、もし起こっても、どうにかなるさ」という積極的で強い意志をもった人のことだ。
現実から逃げるのではなく、現実としっかり向き合い、すべてを受け入れる姿勢のことを「楽天的」という。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年01月02日

誰にも必要とされていない?

私は、世の中の誰からも必要とされていないのだろうか。
自分だけが取り残されているような焦りを感じることがある。

人の役に立ちたいと思う気持ちは大切である。
だが、その裏には、「人に感謝されたい」という欲求がある。
人から認められたい。人に頭を下げてもらいたい。要するに、他人よりも優位に立ちたいのだ。

私は、世の中の誰からも必要とされていないのだろうか。
そう思ったときは、自分を立ててもらおうとするより、まず他人を立ててみればよい。
他人も同じように、感謝されたいと願っている。感謝してくれる人を必要としている。

人は一人では生きていけないのだから、必ず誰かの世話になっているはずだ。
自分が何もできないなら、せめて、自分のために何かをしてくれる人に対して、心からの感謝を示そう。
それだけで十分、人の役に立っているといえる。人から必要とされる人間になれる。
他人を立てれば、相手も自分を尊重してくれるだろう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年12月23日

嫌われまいとすれば、よけいに嫌われる

人に嫌われたくないと思うのは、自然な感情だ。
しかし、ややこしいことに、嫌われまいとすればするほど嫌われてしまうというのも事実だ。
泳げない人が、水の中でむやみに手足をばたつかせて体力を消耗し、おぼれてしまうのと同じだ。

「人に嫌われたくない」
そこには、自分の都合しかない。他人への思いやりも、他人の幸せを願う気持ちもない。
「自分さえよければいい」ということだ。
自分のことしか考えていない人間が、好かれるわけがない。
嫌われたくない、嫌われたくないと思っているうちは、けっして幸せにはなれないのだ。

人それぞれ、好みも価値観も違う。
自分が好かれるか嫌われるかは、他人が決めること。
あれこれ悩んでも仕方がないのだから、なりゆきにまかせよう。
そう腹をくくったほうが、他人に好かれる確率は格段に高まる。心に余裕が生まれ、相手の立場をおもんぱかることができるからだ。

嫌われたくないという感情にとらわれたときは、こう考えればよい。
「自分のことばかり考えているから、嫌われるのだ」と。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ