分類 / 迷い
2011年06月30日

理屈に合わない嘘

ある男が、市場で木彫りの神像を売っていた。
誰も買ってくれないので、男は、客を呼び込もうと大声で叫んだ。
「商売繁盛の福の神はいらんかえ!」
――イソップ物語の寓話の一部である。
商売の神様を扱っているのに、自分はまったく儲かっていないという滑稽さを皮肉っている。

世の中には、いっこうになくならない振り込め詐欺など、人をだまして利益を得ようとする不届き者がいる。
だますほうが悪いのは言うまでもないが、だまされないための知恵も必要である。
「自分が相手の立場だったら」と考えれば、理屈に合わない嘘は、たいていは見抜けるはずである。

数字選択式宝くじロト6の当選番号を事前に教えると言われ、40代の男性会社員が数百万円をだまし取られたという記事が新聞に載っていた。
宝くじの当選番号を事前に知ることなど絶対に不可能だが、もしそんなことができる人がいるなら、なぜ他人に教えたりするだろうか。自分でその番号のくじを買って大儲けすればよいだけのことである。

ある若い女性が、既婚男性と交際していた。
女性は、男性の「妻とはいずれ別れて、君と一緒になりたい」という言葉を信じて、ずるずると付き合い続け、あげくに捨てられた。
相手は、「妻に嘘をついて浮気をしている不誠実な男」である。そんな男の言葉をどうして信じられようか。
「あなたが正式に離婚してからお付き合いしましょう」と言えば、男の本心は見抜けたはずである。

もちろんどちらが悪いかといえば、だましたほうである。
しかし、あえてだまされた側の悪い点を挙げれば、「手っ取り早く利益を得ようとしたこと」にある。
冷静に考えればおかしい話なのに、「自分だけは大丈夫」と抜け駆けを図った利己心につけいられたのである。

「人を見たら泥棒と思え」と冷徹に割り切ることはできなくても、「自分の判断を信じる」と考えればよい。
「他人にそう言われたから」と鵜呑みにするのではなく、自分で考え、納得した話だけを信じるようにすべきである。

自分だけが甘い汁を吸うことなど、まずありえないと思ったほうがよい。そんな方法があるならとうに知れ渡っているはずである。
利益は、根気よく時間と労力をかけて得るしかない。
不当な利益を得ようとする輩にだまされないようにするためには、自分も「利益を得るためには、正当な手順を踏む」ことである。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年06月19日

第一の目的を忘れずに

職場に馬の合わない同僚がいる。
上司が私を嫌っているような気がする。
鼻持ちならない後輩がいて、癪に障る。
ああ、もっとよい人間関係に恵まれていれば、楽しく仕事ができるのになあ……。

そういう不満にうつうつとしたときは、「何のために仕事をするのか」という第一の目的に立ち返ってみよう。
仕事の目的は、まず何よりも、「生活の糧を得る」ことだ。
ほかにも「良好な人間関係を築く」「世の中の役に立つ」など、人によって目的はいろいろあるかもしれないが、それらはあくまで付随的なものだ。

「収入を得られない」という事態に陥らないかぎり、それほど深刻に悩む必要はない。
仕事は、人と仲よくするためではなく、自分の暮らしを立てるためにするものだ。
仲のよい友達を見つけたいなら趣味のサークルにでも入ればよいし、他人の役に立ちたいだけなら無償でボランティア活動をすればよい。

同僚と仲が悪くても、上司が評価してくれなくても、責任をもって仕事をし、定められた給料をもらっていれば、目的は達成しているのだから十分だ。
自分が、ほかでもない自分の利益のためにやっているのだから、他人が協力的でないといって文句を言うのは筋違いである。

大学に通う第一の目的は、勉学に勤しむことだ。
勉強さえしていればよいというものでもないが、「友達ができないから、大学に行ってもつまらない」と考えるのは順序がおかしい。
自分の学びたい学問を学べることの意義に較べれば、それ以外の悩みはささいなものである。

わざわざ友達をつくるために安くない学費を払っているわけではない。友達と遊ぶことは二の次に考えておけばよい。
そもそもの問題は「友達ができないこと」ではなく、「たいした目的意識もなく漫然と進学したこと」にある。何のために大学に通うのかという原点から見直す必要がある。

第一の目的を果たせられない事態に陥ったなら真剣に悩むべきだが、それ以外の問題によって本来の目的さえも投げだしてしまうのは、まったく本末転倒だ。
あれもこれもと欲張っていてはきりがない。
目的を一つにしぼり、本来の目的が達せられたなら、それでよしとしなければならない。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年05月31日

いいよいいよ、どうでもいいよ

もし自分の言うことすることを何でも「いいよ、いいよ」と認めてくれる人がいたら、その人は自分を立ててくれているのではなく、むしろ距離を置かれているのだと考えたほうがよい。

人それぞれに性格も価値基準も違うのだから、利害がすべて一致するということはありえない。
自分の利益が他人の損害となったり、自分の好きなものが他人は嫌いであったりする場合も多いのだ。
人付き合いとは、有り体にいえば、互いの利害をすり合わせ、落としどころを探る作業だ。

何でも許してくれる人は、きっと「面倒だから、この人の言うことは適当に聞き流しておこう」と思っているに違いない。本気でつき合う相手ではないと軽んじられているのである。
「いいよいいよは、どうでもいいよ」という言葉がある。
「私のことをすべて認めてほしい」というのは、「私と深く関わらないでほしい」というに等しい。

よい人間関係とは、「対立しない」のではなく、「対立をうまく調整できる」間柄のことだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ