分類 / 迷い
2012年06月18日

生きる意味などなくてもよい

生きることに絶望している人は、「人生に意味を見いだせない」から苦しいのではない。
「人生には意味が必要である」と思い込んでいるから苦しいのである。

人の役に立つ仕事をする。愛する人につくす。子供を立派に育てる……。「意味のある人生」は、たしかにすばらしい。その意味をたもち続けているかぎりにおいては。
だが、手に入れたものは、いつかは失うと心得なければならない。
いや、失うも何も、意味があると思っていたこと自体が幻想にすぎなかったと気づくこともあるのだ。

意味があれば幸せ、意味がなければ不幸せ。そのような二分法による「条件つきの幸せ」の裏には、「いつかこの幸せが壊れるかもしれない」という不安の影がつきまとう。それでは、いつまでたっても幸せにはなれない。
生きる意味が見いだせないときは、意味を見いだそうとあがき苦しむよりも、とことん突き抜けて、「意味などなくてもよい」と、無の中に身を投げ出してみることある。
「人生の意味」にしがみついて生きるのではなく、「意味のない人生をどう生きるか」を考えるべきなのである。

「人生に意味はない」という観念は、人を苦しめもするが、救いもするのである。
正しい生き方などない。立派に生きなくてもよい。(「私は正しい」「私は立派だ」と思っている奴にロクな奴はいないのだから)
成功も失敗も大差はない。何にでも挑戦して、失敗して、またやり直せばいい。

意味にしばられる人生もまた苦しみである。
人生に意味などなくてもよい。
「こうあるべきだ」という凝り固まった考えを一度リセットして、ゼロから再出発してみよう。失うものはないのだから、好きなように生きればいい。
そこから、「ともかく精一杯やってみよう」という新しい希望や意欲が生まれるのである。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2012年05月18日

いつも自慢話をする人への対処

「私はどこどこの大学を出た」
「家族や親戚が大手企業に勤めている」
「有名人の友達がいる」
自慢話の好きな人は、どこの社会にもいるものである。
会うたびに自慢をされるのがわずらわしい。だが、それがどうしたという顔をすれば、嫉妬しているみたいで、これまたしゃくに障る……。
そういうやっかいな相手には、どう対処すればいいのだろうか。

自慢ばかりする人は、本当は「バカにされたくない」という不安の人一倍強い人である。他人と張り合って、つねに自分の優位を確認しておかなければ気がすまないのである。
自慢をするには、「張り合いがいのある相手」を選ばなくてはならない。自慢話に悔しがってくれる人は絶好のターゲットである。
相手が悔しそうな表情を浮かべてくれてこそ、自慢のしがいもあるというものである。

他人に自慢話をされたくなければ、「自慢のしがいのない人」になればよい。
自分と他人を比較せず、自分なりの楽しみや生きる目的を見つける。他人の長所を素直に認め、自分の値打ちも認められる。
そういう考え方に従っていれば、他人の自慢話など気にならなくなるはずである。気にしないといっても、あえて無視するのではなく、「あなたはすばらしい。でも私は私で、幸せに生きていますよ」と、余裕をもって相手を受け入れるということである。

「自慢話をされて悔しい」。そう思ったなら、自分も他人に対抗し、優位に立ちたいという願望の強い証拠である。根っこの部分では自慢好きな人と同じなのである。
くだらない競争の舞台からはさっさと降りてしまうにかぎる。
自慢話に悔しがってくれない相手には、自慢をしてもつまらない。
自分が張り合おうとしなければ、自慢好きな人は自然に離れていくだろう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2012年04月12日

何でも聞くという姿勢

他人からある知識や情報を聞かされたとき、すでに知っていることであっても、「へえ、ふうん、そうなの」と、大げさなほどに関心を示しながら聞いたほうがよい。
情報が有益かどうかよりも、相手が自分に伝えようと思ってくれたことがありがたいのだ。
「そんなこと知ってるよ」と鼻の先で笑うような態度をとっていると、他人から敬遠され、本当に重要な情報も集まらなくなってしまう。

まわりがくだらないバカ話で盛り上がっているときは、自分もバカになりきってはしゃいだほうがよい。はしゃぐのが苦手なら、ただ笑って聞いているだけでもよい。
「ふん、何をくだらないことを」ととりすましていると、「あいつに下手に話しかけると、見くだされそうで怖い」と思われ、人の心は離れていく。
バカな話もできない人は、「腹のうちを見せない奴」として、かえって信用されないものだ。

自分を賢く見せようとする人は、それが得策ではないことを理解していない点において、あまり利口とはいえない。
賢いと思われることよりも、他人から慕われ、一緒に笑えることのほうが大切だ。
どんな話でも、とにかく無邪気に聞きいれるという姿勢が大切だ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ