分類 / 怒り
2012年03月28日

人を裁くのは自分の仕事ではない

暴行、窃盗、詐欺などの被害にあったときは、警察に届ければよい。
それらの犯罪行為は「許されないこと」だから、法律で禁止されている。
逆にいえば、法律で禁止されていないことは、世の中の多くの人が「絶対に許せないとまではいえない」と考えている、ということだ。

他人に迷惑をかけられたり、傷つけられたりしたときは、まず冷静に、絶対に許せないことなのかどうかをよく考えてみよう。
絶対に許せないこと、つまりそれが法律に違反する行為なのであれば、法的手段に訴えるべきである。
後は警察が捜査するなり、裁判所が裁くなりしてくれる。

「絶対に許せないこと」ではないのなら、さっさと許してしまおう。腹を立てる時間と労力が無駄である。
ましてや、仕返しをしようなどとは考えないほうがよい。
法を犯した者は、司法が裁いてくれる。
法律に違反しないまでも悪いことをした人は、けっして自分を好きになれず、誇りももてず、むなしさの中で一生を送ることになるから、すでに自分自身によって裁かれているのである。

人が人を裁いてはいけない。裁く権利はない。
他人に腹が立ったときは、「人を裁くのは自分の仕事ではない」と自分の胸に言い聞かせよう。

他人を許さない人は、自分も他人から許してもらえない。
他人を裁こうとする人は、自分も他人に裁かれる。
人間は誰も完璧ではないのだから、自分もいつか過ちをおかすだろう。
自分のためにも、他人を許したほうがよいのである。
いや、許すも許さないも、「人を裁くのは自分の仕事ではない」のだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2012年03月17日

余裕のあるほうが譲ればいい

混んでいる場所を急いで走っている人がいたら、道を譲ってやればいい。
その人は、何かせっぱつまった用があって、焦っているのだ。
余裕のある人が、余裕のない人に譲ってやればいい。

いつもいら立っている人。
人の悪口ばかり言っている人。
すぐに人に食ってかかる人。
彼らは、心に余裕がなく、つねに追いつめられているのだ。
急いでいる人に道を譲るように、心に余裕をもってやり過ごせばいい。
彼らとまともに取り合い、「どちらが余裕がないか」を競い合って何になるだろう。
余裕のあるほうが恵まれているのだから、余裕のないかわいそうな人たちをおおらかな目で見てやろう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2012年02月23日

「なぜ」は禁句

「なぜ言ってくれなかったの」
「どうしてそんなことするの」

なぜ、なぜ、なぜ。人と話をするとき、つい投げかけてしまいがちな言葉である。
だが、「なぜ」はいわば批判の枕詞である。できるだけ使わないほうがよい。

「なぜそんな言い方をするの」と言えば、相手からも言い返され、言い争いになることが多い。
簡潔に「そんな言い方をしないでほしい」とだけ言えばいいのである。
「なぜ私だけ誘ってくれなかったの」ではなく、「私も行きたかったな。次はぜひ誘ってね」。
「なぜ私の気持ちを分かってくれないの」ではなく、「私はこのように思っています」。
相手を責めるのではなく、自分がどうしたいのかを示せば十分である。

親が子供を「なぜ部屋の片付けをしないの」と叱る。
だが、子供は「なぜ」ときかれても答えようがない。ただ「面倒くさいから」という程度の理由でしかないのだが、それを言えばよけいに叱られるのは分かっているから、いきおい「うるせえな、出てってくれよ」と反抗するか、ふてくされて黙り込むしかない。

「なぜ」という質問の意図は、具体的な理由を知りたいわけではなく、つきつめれば、「なぜあなたは私の思い通りにならないのか」ということである。
他人を意のままに操ることは不可能だから、その問いの答えはけっして見つからない。
「なぜ」の質問責めは、相手をうんざりさせ、人間関係をよけいにこじらせるだけだ。
他人に何かをしてほしいと望むなら、「なぜそうしないのか」と相手に尋ねるのではなく、自分から「なぜそうしてほしいのか」を説明すべきである。

「なぜ」をやめれば、自分の気持ちがよく分かる。
自分の気持ちと向き合えれば、他人の気持ちも理解できるようになる。
「なぜ」を禁句にしよう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ