2012年05月04日

何を隠そうとしているのか

他人に対する怒りとは、ほとんどの場合、「自分が認めたくない感情」を隠そうとする働きである。
恥。嫉妬。罪悪感。敗北感。自己嫌悪。
自分を好きな人、自分の人生を楽しんでいる人は、他人の言動にいちいち目くじらを立てたりしない。

怒りを感じたときは、自分に正直にこう問いかけてみよう。
「私は、いったい何を隠そうとしているのか」
自分では弱みを隠しているつもりでも、他人にはきっと見破られているに違いない。他人をあまり見くびらないほうがよい。

自分の中のみにくい感情に対する扱い方は、二通りしかない。
「はっきりと認めて、向き合う」か、「ごまかそうとして、陰で笑い者にされる」かのどちらかだ。隠し通すことなどできない。

自分の弱さを認めることは、恥ずかしいことではない。弱さを認めまいとして強がることのほうが、何倍も恥ずかしいことだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ