2012年04月05日

いま、この世界がつくられた

今からほんの数秒前、全宇宙が、何か偉大なる力によってつくり上げられた。私が生まれてからの記憶も、その一瞬のうちに植えつけられたものである。この世界は、たった今、誕生したばかりなのだ。
―― そんなことは99.999999……%ありえないだろうが、可能性がまったくないことを論理的に証明することはできない。ひょっとしたら、そうかもしれないのである。

現実は私と関係なく存在するが、私にとっての現実は、私の意識がつくりあげるものにすぎない。
苦しかった経験も、傷ついた記憶も、失敗して恥をかいたことも、すべては幻である。そう考えることだってできる。
過ぎ去った現実が、現在の私を身体的に苦しめるわけでも、物理的な障害となるわけでもない。私の頭の中だけの問題である。

どんなにつらい人生を送ってきたとしても、これまでの記憶は、ただの幻にすぎない。いまこの瞬間に、世界は誕生し、私はまっさらな状態で産み落とされたのだ。
そう考えても、何の不都合もない。それが私にとっては紛れもない真実である。
これから私の人生が始まる。過去のいっさいのとらわれから逃れて、未来を自由に創造することができる。
何だかワクワクしてきたぞ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ