2012年03月17日

余裕のあるほうが譲ればいい

混んでいる場所を急いで走っている人がいたら、道を譲ってやればいい。
その人は、何かせっぱつまった用があって、焦っているのだ。
余裕のある人が、余裕のない人に譲ってやればいい。

いつもいら立っている人。
人の悪口ばかり言っている人。
すぐに人に食ってかかる人。
彼らは、心に余裕がなく、つねに追いつめられているのだ。
急いでいる人に道を譲るように、心に余裕をもってやり過ごせばいい。
彼らとまともに取り合い、「どちらが余裕がないか」を競い合って何になるだろう。
余裕のあるほうが恵まれているのだから、余裕のないかわいそうな人たちをおおらかな目で見てやろう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ