2012年03月07日

まず自分の土台固めを

飛行中の航空機内で、何らかの異常により酸素が薄くなったときには、酸素マスクが自動的に降りてくる。
航空会社では、客が幼い子供を連れている場合、まず親が自分の酸素マスクを着用し、次に子供にも着用させるよう案内している。子供が先ではなく、親が先である。
ふつうの親心として、子供の安全を優先させたいと思うところだが、親が意識を失ってしまっては、幼い子供は自分で自分を守ることができない。子供が意識を失っても、親がしっかりしていれば、助けてやることができる。
子供を守るためにも、まず親自身の安全を確保するのが緊急時の鉄則なのだそうである。

いつも他人に気を使い、気を回しすぎて、へとへとに参ってしまっている人がいる。
「人の役に立ちたい」「困っている人を助けてあげたい」という思いは立派だが、自分に余裕がないのに、自分以上に他人を優先させる必要はない。
他人を助けるためには、まず自分の土台を安定させなければならない。
精神的、経済的、体力的に厳しい状態にあるときには、自分のことを第一に考えてもよいのである。

自分を優先させることは、けっしてわがままではない。
自分を大事にできない人が、他人を大事にできるわけがない。
無理に自分を犠牲にしてまで他人の役に立とうとするよりも、自分の安定を確保してから、余裕があれば他人を助けるようにしたほうが、より長く、より多くの人助けができるのである。
他人のためにも、まず自分を守ることを優先させてもよいのである。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ