2012年02月23日

「なぜ」は禁句

「なぜ言ってくれなかったの」
「どうしてそんなことするの」

なぜ、なぜ、なぜ。人と話をするとき、つい投げかけてしまいがちな言葉である。
だが、「なぜ」はいわば批判の枕詞である。できるだけ使わないほうがよい。

「なぜそんな言い方をするの」と言えば、相手からも言い返され、言い争いになることが多い。
簡潔に「そんな言い方をしないでほしい」とだけ言えばいいのである。
「なぜ私だけ誘ってくれなかったの」ではなく、「私も行きたかったな。次はぜひ誘ってね」。
「なぜ私の気持ちを分かってくれないの」ではなく、「私はこのように思っています」。
相手を責めるのではなく、自分がどうしたいのかを示せば十分である。

親が子供を「なぜ部屋の片付けをしないの」と叱る。
だが、子供は「なぜ」ときかれても答えようがない。ただ「面倒くさいから」という程度の理由でしかないのだが、それを言えばよけいに叱られるのは分かっているから、いきおい「うるせえな、出てってくれよ」と反抗するか、ふてくされて黙り込むしかない。

「なぜ」という質問の意図は、具体的な理由を知りたいわけではなく、つきつめれば、「なぜあなたは私の思い通りにならないのか」ということである。
他人を意のままに操ることは不可能だから、その問いの答えはけっして見つからない。
「なぜ」の質問責めは、相手をうんざりさせ、人間関係をよけいにこじらせるだけだ。
他人に何かをしてほしいと望むなら、「なぜそうしないのか」と相手に尋ねるのではなく、自分から「なぜそうしてほしいのか」を説明すべきである。

「なぜ」をやめれば、自分の気持ちがよく分かる。
自分の気持ちと向き合えれば、他人の気持ちも理解できるようになる。
「なぜ」を禁句にしよう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ