2012年02月03日

他人の携帯を盗み見るのは、アリかナシか

他人の携帯メールを盗み見るのは、もちろんご法度である。

「恋人がどうも浮気をしているようだ。真相を突き止めたい」
――では、その後が問題である。他人の本性を知って、いったいどうしようというのか。
恋人の携帯を盗み見るなら、「浮気の証拠を突きつけて、きっぱり別れる」というほどの覚悟が必要である。縁を切るための最後の手段としてなら、かろうじてアリかもしれない。
だが、ただの好奇心で何となく見てしまって、「どうしよう、ショッキングなメールを見つけてしまった。問いつめたいが、勝手に見たのも悪いし……」と悩むくらいなら、見ないほうがよい。

メールは、第三者に見られないという前提でやりとりしている秘密の通信である。
それを盗み見るのは、明らかにプライバシーの侵害であり、他人の家に隠しカメラや盗聴器を仕掛けるのと同じくらいに悪質な行為である。そうした仕掛けを必要としないので罪悪感が薄いぶん、かえって始末が悪い。

他人の携帯を盗み見ておいて、「疑わしい行動をとったあなたが悪い」と言っても、「そっちこそ信用できない」と言われればおしまいである。
どうしても他人の携帯を見なければ気がすまないのなら、相手の不義を暴くかわりに自分も信用を失って絶縁される、「毒をもって毒を制す」の相討ちを覚悟しなければならない。

携帯電話の中には、たしかにその人の本心が隠れているかもしれない。
だが、そんな手段で他人の本心を知って、いったい何になるだろう。それは試験でカンニングをするのと同じことである。
試験で毎回不正をして高得点をとっても、いっこうに実力はつかない。カンニングをする人は、「よい成績をとる」ということが目的化してしまっていて、「何のために勉強するのか」という本来の大事な目的を忘れてしまっているのである。

恋人や友人がどういう人か、何を考えているのかということは、顔と顔を向き合わせて付き合っていく中で判断し、理解していくものである。相手の表情、ものの言い方、仕草、声の調子などを全身でくみ取るものだ。それが本気で人と付き合うということである。
他人の携帯を盗み見る癖のある人は、人付き合いの目的を間違っている。他人を「自分にとって利用価値があるかどうか」という目でしか見ていないのである。
人と付き合うことの目的は、本心を暴くことではない。
「裏切られて損をしたくない」というのなら、とるべき唯一の方法は、はじめから誰とも付き合わないことである。

そもそも、他人の本心などというものは、分からないものである。自分で想像するしかない。そして、この「想像する」ということ、自分で考えるということが重要なのである。
「私はあなたのことをこんなにいつも考えて、気にかけていますよ」という態度を示すことが愛情表現であり、思いやりである。
「自分が損をしないために」ではなく、「相手の立場になって考え、よろこびも悲しみも分かち合うために」である。

それでも、他人の本心というのは、分からない。
この世に裏表のない人間がいるだろうか。
自分の心の中が丸見えになってしまう機械があったら、息がつまって誰とも付き合えなくなるだろう。分からないからやっていけるのである。
理解し合う努力は必要だが、親友や夫婦といえども、本心は一生分からない。それを当たり前のこととして、互いに尊重し合い、気遣い合いながらやっていくしかない。
ときには幻滅したり傷つけられたりしながら、人を見る目が養われていくのである。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ