2012年01月24日

被害を最小限にとどめる

他人に傷つけられたとき、怒りや憎しみを抱いてしまっては、自分を二重に苦しめることになる。

人は弱さや愚かさから、またときには意図せずに、他人を傷つけてしまうものだ。
社会で生きていく上では、他人から傷つけられることは避けられない。
それは、石につまずいて転ぶのと同じく、単なる不運にすぎないのだ。

不運な目にあったとき、どうすればよいか。
「ああ、運が悪かったな」と苦笑して、さっさと忘れてしまうにかぎる。それが、被害を最小限に食いとどめる方法だ。
電柱に頭をぶつけたからといって、腹いせに電柱を殴りつけて拳まで痛めてしまうのは、愚行と言わざるをえない。

他人に対して怒りや憎しみを感じたときは、こう自分に言い聞かせよう。
「不運にも傷つけられてしまったが、まだ被害は最小限の段階である。私にできることは、これ以上被害を拡げないことだ。いま、私が理知的な人間であるかが問われている」と。

人を恨んで、事態が好転することはけっしてない。ますます悪化するだけだ。
「他人に傷つけられた」という事実は、もはや取り消せない。
最善の策は、被害をそれだけに抑えることである。
相手を恨んで、自分の心まで汚すべきではない。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ