2012年01月19日

「謝れ」と言う人

他人に「謝れ」と命令する人は、自分が他人に心から謝ったことがないのだ。
謝罪は、人に強いられてするものではない。自分が心底申し訳ないと思ってするのでなければ、謝罪とはいえない。

他人から傷つけられたり、迷惑をかけられたりしたときは、二度とそういうことをしないでほしいと要求するのはかまわない。
だが、謝罪まで求めるのは、あまり意味がない。

謝罪は、相手が自発的にしてくれるのを待つしかない。
「謝れ」と命令してしまっては、相手は永久に「心から謝罪する」機会を失うことになるだろう。

他人に「謝れ」と命令する人は、「謝罪とは屈辱である」という程度の認識しかないのだ。
自分が他人に心から謝ったことがなく、いやいや頭を下げたという屈辱的な経験しかないから、逆に他人にもその屈辱を与えてやりたいと願っているだけなのだ。

自分が心から他人に謝罪したことのある人は、けっして他人に謝罪を強要したりしない。
強要された謝罪など無意味であるということが分かっているからだ。
他人に「謝れ」と命令するのは、自分の心の貧しさを露呈するだけの愚かな行為である。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ