2011年10月09日

素直に人から学ぶ

ある調査によると、7割以上の人が「自分の能力は平均以上である」と思っているそうだ。
ほとんどの人は、「自分は正当に評価されていない」「本当はやればできる」「能力を発揮する機会がないだけだ」と自分を過大評価し、都合の悪いことはごまかして、かろうじて精神の健康をたもっている。

自分に自信をなくし、うつ状態になってしまう人は、ある意味で正直すぎるのだ。冷静に客観的に、「正しく」自分の能力を評価するから、落ち込んでしまう。自分に嘘をついたり、責任を転嫁したりすることができない。
だがしかし、それは考えようによっては、自分をごまかしている人よりも一歩進んでいるともいえる。高いところを綱渡りするのではなく、しっかり地面を踏みしめて歩いている。
人間の成長は、自分を正しく理解することから始まるのだ。

「私には能力が足りない」と嘆いている人は、少なくとも「自分の能力を正しく評価できる」という能力がある。これは身の程知らずのうぬぼれ屋にはない、すばらしい能力だ。
問題は、その先である。
「だから、悔しい」「私には価値がない」と思ってしまうのがいけないのだ。

能力の低い人間は、生きる価値がないのだろうか。
だとしたら、もし自分が高い能力を手に入れたら、今度は自分よりも能力の低い人を同じように「生きる価値がない」と見くだすのだろうか。
その傲慢さが自分を苦しめているのだ。
劣等感は傲慢と表裏一体である。

自分の能力が低いと思うなら、素直に人に学べばよいのである。
ちっぽけな虚栄心や競争意識を捨て、他人に敬意を示し、教えをこえばよい。
相手も喜ぶし、自分も成長できるのだから、いいことずくめだ。
たとえ能力が低くても、謙虚に他人から学ぼうとしている人をバカにする人は(よほどの性悪でないかぎり)いない。

知能や身体的能力は生まれもってほぼ決まっているが、謙虚さや誠実さは、誰でもいくらでも高めることができる。
人間の価値は、人よりも速く走ったり、うまくお金を稼いだり、話術で人を引きつけたりできる能力で決まるのではない。
謙虚に、誠実に。これだけを心がけておけばよいのだ。

能力によって人間に序列をつけ、勝つか負けるかの戦いの渦でもがき苦しむよりも、「他人は皆、師匠」だとみなして、学べるところは何でも学んでやろうという態度で臨めば、何も怖れるものはない。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ