2011年09月01日

幽霊が怖い理由

私は幽霊を見たことがないし、その存在を信じてもいないが、ある霊能者が語っていた言葉は、なるほどもっともだと思った。
「幽霊を怖がる人は、心にやましさがある」

幽霊は、この世に心残りがあって、何かを訴えるために現れる。
誰かに愛を伝えたいのかもしれないし、恨みを晴らしたいのかもしれない。
幽霊を怖がる人というのは、幽霊に悪さをされると思い込んでいる。つまり、多くの人の恨みをかっているから、復讐されることを恐れているのだ。

幽霊を見ても、怖がることはない。
その幽霊は、「遊んでほしい」と望んでいるのかもしれないし、「お世話になりました」と別れを告げにきてくれたのかもしれないのだから。
幽霊に悪さをされるのは、これまでさんざん悪事をはたらいてきた人だけだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ