2011年06月12日

自分が自分の支配者

第一に、他人にどう思われるかで自分の値打ちが決まるのではない。

第二に、「他人にどう思われるかで自分の値打ちが決まる」と考えるのなら、やるべきことは、自分の意見や感情は押し殺して、召使いが主人に仕えるように他人に追従することだ。
「他人が私を認めてくれない」と文句を言ってはいけない。
自分を値踏みする権利を他人に与えておきながら、他人が決めたことにあれこれケチをつけてはならない。自分の支配者は他人であり、自分はその奴隷、召使いにすぎないのである。
奴隷が主人にたてつくことは許されない。主人の機嫌を損ねないよう、ひたすらに媚びへつらい、とりいるしかない。

奴隷のごとき人生を送るのが嫌なら、自分の幸せは自分で見つけることだ。
他人に認められることは、うれしいことには違いないが、それはただの「励み」とすべきだ。幸せのすべてを他人にゆだねてはならない。
試合に負けたスポーツ選手が、「ファンの応援が足りないから、やる気が出ない」と言ったら、どう思われるだろうか。よけいに見放されるだけである。

他人が自分の値打ちを決めるのではない。
自分の値打ちを決めるのは自分だ。自分の支配者は、ほかでもない自分自身である。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ