2011年05月31日

いいよいいよ、どうでもいいよ

もし自分の言うことすることを何でも「いいよ、いいよ」と認めてくれる人がいたら、その人は自分を立ててくれているのではなく、むしろ距離を置かれているのだと考えたほうがよい。

人それぞれに性格も価値基準も違うのだから、利害がすべて一致するということはありえない。
自分の利益が他人の損害となったり、自分の好きなものが他人は嫌いであったりする場合も多いのだ。
人付き合いとは、有り体にいえば、互いの利害をすり合わせ、落としどころを探る作業だ。

何でも許してくれる人は、きっと「面倒だから、この人の言うことは適当に聞き流しておこう」と思っているに違いない。本気でつき合う相手ではないと軽んじられているのである。
「いいよいいよは、どうでもいいよ」という言葉がある。
「私のことをすべて認めてほしい」というのは、「私と深く関わらないでほしい」というに等しい。

よい人間関係とは、「対立しない」のではなく、「対立をうまく調整できる」間柄のことだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ