2011年04月10日

自分が気づいていないこと

気が利かない鈍感な人に対して、イライラさせられることがある。
他人の都合を考えない人。平気で他人の邪魔をする人。時間にルーズな人。いつも一言多い人。逆に言葉が足りない人。

こちらが不愉快な思いをしていることに相手は気づいていない。
悪気がないのは分かっているので、わざわざ文句を言うほどでもないが、「ちょっと気を遣ってくれれば、互いに気持ちよくすごせるのに。なぜそれくらいのことが分からないのだろう」と、一人はがゆさを噛みしめる。

だが、ふと考えてみるに、「気づいていないこと」は自分にも山ほどあるのではないか。無意識のうちに他人をわずらわせて、他人から同じように思われているのではないか。
どうして「私は知らぬ間に他人に迷惑をかけたことはない」などと言いきれるだろう。知らぬ間のできごとを自覚できるわけもない。

他人の無神経さにいら立ちを感じるのと同じ数だけ、自分も他人を不快にしているかもしれない。それを大目にみてもらっているから、安閑としていられるのだ。
自分も他人に許され、気を遣わせている。そう思ったほうがいい。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ