2011年02月25日

性格を変える必要はない

「活動的」な人は、「落ち着きがない」。
「社交的」な人は、「軽薄」だ。
「押しが強い」人は、「厚かましい」。
「ねばり強い」人は、「強情」だ。
「弁が立つ」人は、「いかがわしい」。

長所と欠点は、表裏一体だ。
長短あわせて、その人の性格をなしている。

自分の性格を無理に変える必要はない。
そもそも、生まれもった性格なんて、なかなか変えられるものではない。
欠点があることがいけないのではなく、欠点を気に病んで自信をなくしてしまうのがいけないのだ。

性格を変えるなら、新たな長所を手に入れるとともに、欠点も引き受けることになる。その欠点をまた批判する人が現れるだろう。
「他人に批判されるから」という理由で性格を変えていたら、永久にコロコロ変え続けなくてはならなくなる。
性格によいも悪いもなく、単に人それぞれの好みの問題にすぎない。

「口下手」な人は、「慎ましい」。
「消極的」な人は、「慎重」だ。
「涙もろい」人は、「感情がこまやか」。
「負けず嫌い」は、「向上心が強い」。
「鈍感」な人は、「おおらか」だ。

どんな性格でも、自信をもって堂々としていればいい。
それを好ましく思ってくれている人も必ずいるはずだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ