2010年10月09日

平凡な人生

「平凡な仕事を10年も続けてきた」

その人の人生は、けっして平凡ではない。
真似をしようと思えば10年かかるのだから、そう簡単になしえることではない。

時間はただ流れ去るものではなく、積み重なっていくものだ。
平凡な毎日でも、10年には10年分の重みがある。

平凡な人生に満足できる人は、平凡ではない。
平凡な仕事を10年も続けてきたことを誇ってもよいのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ