2010年10月04日

人の心は分からない

他人が何を考えているか分からない、といって嘆く必要はない。
他人の考えていることは分からないものだ。

「あの人は、表面的には愛想よく接してくれるが、内心では私のことをうっとうしいと思っているのではないか」
そうかもしれないし、そうではないかもしれない。
そういうときもあるだろうし、そうでないときもあるだろう。
人の頭の中をのぞき込むことはできないのだから、そんなことでいくら悩んでも仕方がない。

仮に自分が好かれていなくても、相手は態度に表さずにいてくれる。自分を気遣い、尊重してくれている。それが重要だ。それで十分だ。

仲良くしていた人が、実は自分を見くだしていたということが分かったとしても、「私をそんな風に思っていたのか」と怒ってはいけない。
では、口に出してバカにされていれば満足だったとでもいうのか。
相手は、自分に気を遣ってそれを黙っていてくれたのである。気を遣って、気を遣って、挙げ句に責められたのでは、相手もたまったものではない。

人の気持ちを想像し、理解しようと努力することは大切だ。
しかし、「私はあの人の考えていることがすべて分かる」などと思い上がってはいけない。
人はそれほど単純ではない。

他人はけっして自分の思い通りにはならない。
人の心は分からなくて当然なのだ。分からなくてもかまわないのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ