2010年09月10日

能ある鷹は

ちょっとした知識を得たり、技術を身につけたりすると、ついつい人に自慢して、自分を偉く見せよう、賢く見せようとしてしまうのは、悪い癖だ。

わざわざ自慢するようなことは、実は、たいしたことはないのだ。
現に、人から聞かされる自慢話のほとんどは、「それがどうしたの」と思うようなことばかりじゃないか。

本当に実力のある人は、むやみにそれをひけらかそうとせず、むしろ隠そうとするものだ。
素知らぬふりを装っておいて、ここぞというときにその能力を発揮するのが、恰好いい。

隠したいと思うほどの能力を秘めた人間になりたい。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ