2010年09月06日

とりあえず置いておく

大きな壁にぶつかって、身動きがとれなくなったとき。
「答えが出るまで悩み続ける」「あきらめる」のほかに、もうひとつ選択肢がある。
「とりあえず置いておく」のである。

逃げるわけではない。結論を急がないということだ。
「この問題が解決しなければ、私の人生ははじまらない」と考えてはいけない。
それほど重大な問題ならば、長い時間をかけて答えを見つければいいのだ。

とりあげず、いま、ほかにできることをすればいい。
頭だけで理屈をこねくり回して、できることさえやらないというのは、それこそ人生から逃げることになってしまう。

恋愛で失敗したなら、仕事や勉強をがんばればいい。
仕事で行きづまったなら、家族との関係を見直してみればいい。
ほかの問題に取り組んでいるうちに、ひょんなことから悩みが吹っ切れることもあるのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ