2010年07月16日

本音と建前

他人との付き合いにおいて、本音と建前、どちらを優先させるべきか。
本音で自分をつらぬけば反感をかいやすい。
建前で体裁をつくろえばうっ憤がたまる。
悩ましいところである。

自分を偽り、他人をあざむくための嘘はよくない。
しかし、ただ正直であればよいというわけでもない。
人を傷つける正直さもあるし、人を気遣うがゆえの嘘もある。
大切なことは、本音か建前かではなく、どれだけ他人を思いやれるかということだ。

ズバリ本音を言わなければならないときは、なるべく相手を立てるような言い方を考えればよい。
本当のことでも、人を傷つけるだけならば、言わないほうがよいこともある。

「本音か建前か」で悩むのは、自分を守ることしか頭にないからである。
ひとつ確実に言えることは、「自分の利益しか考えていない人は嫌われる」ということだ。

言うか言わないかの問題ではなく、言い方の問題である。
「相手を思いやり、相手の立場になって考える」という自分の気持ちに正直でありさえすればよい。それがひいては自身を大切にすることにもなるのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ