2010年06月21日

つらいときこそ

逆境にあるときにこそ、自分の真価が問われる。
恵まれた状態にあるときは、誰だって心に余裕がもてるものだ。

地位や名声をえれば、ちやほやしてもらえる。
しかし、それらを失ってもなお、人から認められ、愛されるかが重要なんだ。

自分を愛してくれる人には、誰だって優しくできる。
愛してほしいのに愛しくれない人にたいして、どういう態度をとるかで、自分の愛情が試される。

つらいときこそ、自分を捨ててはいけない。
神さまはきっと見ている。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ