2010年06月18日

「ふり」はもうやめよう

楽しそうなふり。
やる気のあるふり。

私は長い間、「幸せになる」ことよりも、「幸せそうに見せかける」ことに多くの労力をついやしてきた。
なんと無駄な努力をしてきたんだろう。

「幸せそうな人生」は、けっして幸せではない。
「楽しそうな人生」は、ちっとも楽しくない。
空虚。屈折。自嘲。
心は疲れるばかりだった。

もう「ふり」はやめよう。
見栄は捨てよう。
幸せは、人に見せつけるものではない。
自分の心で実感するものだ。
自分のやりたいことをやっているときが、いちばん幸せなんだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ