2010年04月12日

図太く生きる

誰からも嫌われている、憎たらしい人にも、学ぶべき点はある。
人からどう思われているかなど気にもとめず、図太く、ふてぶてしく生きていることである。

嫌われようが、批判されようが、(めったなことでは)命までとられることはない。
人からどう思われても、生きていける。
もちろん、好かれればそれに越したことはないが、たとえ嫌われても、人生が終わるわけではないんだ。

びくびく怯えることはない。
多少は図太く生きてもいいんだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ