2010年04月07日

「どうせ」は禁句

「どうせ私は社会的地位が低いから、皆からバカにされているのだ」と言ってはいけない。
社会の底辺を支えるような仕事をしている人でも、人の役に立ち、立派な生き方をしている人はたくさんいる。

「どうせ私は貧しいから、幸せにはなれないのだ」と言ってはいけない。
貧しくても、清く明るく生き、誰からも慕われている人はたくさんいる。

そういう人たちと自分との違いをどう説明する。
さらに自分を卑下して、「不幸である理由」を探すのか。

自分を情けないと思うこと自体が情けないんだ。

「どうせ私は○○だから」と自分を卑下するのは、同じ立場の人々を侮辱することになる。とても失礼な発言だ。
どのような境遇にあっても、幸せな人は幸せだし、不幸な人は不幸。
自分の境遇をどのように受け入れるかという問題なんだ。

不幸な人が不幸である理由は、
「どうせ自分は不幸だとひがんでいるから」
この一言につきる。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ