2010年03月31日

他人に必要とされる人間

「誰かに必要とされる人間になりたい」
と思うこと自体は、悪いことではない。

しかし、「あなたには私が必要でしょう?」と恩を売りつけることは、相手にとってはありがた迷惑だ。
それは、「あなたは私がいなければ生きていけない、弱い人間だ」と見くだすことにもなる。

他人の役に立ちたいと思うことは、間違ってはいない。
ただし、自分もまた、「他人に必要とされることを必要としている」弱い存在であるということを忘れてはいけない。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ