2010年03月24日

前向きに生きる

前向きであることはよいことだが、「つねに前向きでなければならない」という強迫観念にしばられるのは、本当の意味で前向きとはいえない。

人間なのだから、ときには(あくまでときには)泣いてもいいし、落ち込んでもいい。
どうしても耐えきれなければ、逃げ出してもいい。

自分の弱さを受け入れることもふくめて、「前向き」ということなんだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ