2012年04月19日

好きと嫌いは紙一重

「かわいさ余って憎さ百倍」というとおり、人を好きになると、嫌いになったときの反動も大きい。
たいして関心のない人にすげない態度をとられても「おかしな人だな」と思うくらいだが、好意をもっている相手に冷たくされると、逆に怒りや憎しみを感じてしまうことがある。

人を愛するということは、憎しみという感情が生じる危うさもあわせもつことである。
いや、人を愛したときには、同時に憎んでもいるのだ。
相手を独占したい。自分も愛してもらいたい。裏切ったら許さない。愛情の裏には、つねに憎しみが見え隠れしている。
自分の心に憎しみが宿っていることを認め、それが悪い形で現れないようにすることが、うまく人を愛するコツである。

「私は、心に一点の曇りもなく、純粋に人を愛している」と思い込んでいる人は、要注意である。
その恋愛がうまくいかなかったとき、自分の心に憎しみというみにくい感情が芽生えていることを認めたくないばかりに、徹底的に相手を悪者にすることによって自分の内面から目を背け、かえって憎しみに歯止めがきかなくなってしまうのだ。

愛憎は紙一重、つねに表裏一体である。
憎しみを必要以上に恐れたり恥じたりすることはない。
「好きだからこそ憎たらしい」というのは、ごく自然な感情である。
憎しみを伴わない愛情は本物の愛情ではない、と考えるくらいでよいのだ。

また、自分を愛してくれる相手にも、憎しみという感情があるということを認めなくてはならない。
愛されるということは、相手の憎しみも引き受けるということだ。
「嫌われたらどうしよう」という心配は無用である。愛されると同時に、すでに嫌われているのだから。
100パーセント好きということもないし、100パーセント嫌いということもない。「昨日は好きだったが、今日は嫌い。明日はまた好きになる」というふうに、つねに揺れ動いているのだ。
嫌われたらすべておしまい、と考えてはいけない。感情の振り子をもとに戻す努力をすればよいのである。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2012年04月12日

何でも聞くという姿勢

他人からある知識や情報を聞かされたとき、すでに知っていることであっても、「へえ、ふうん、そうなの」と、大げさなほどに関心を示しながら聞いたほうがよい。
情報が有益かどうかよりも、相手が自分に伝えようと思ってくれたことがありがたいのだ。
「そんなこと知ってるよ」と鼻の先で笑うような態度をとっていると、他人から敬遠され、本当に重要な情報も集まらなくなってしまう。

まわりがくだらないバカ話で盛り上がっているときは、自分もバカになりきってはしゃいだほうがよい。はしゃぐのが苦手なら、ただ笑って聞いているだけでもよい。
「ふん、何をくだらないことを」ととりすましていると、「あいつに下手に話しかけると、見くだされそうで怖い」と思われ、人の心は離れていく。
バカな話もできない人は、「腹のうちを見せない奴」として、かえって信用されないものだ。

自分を賢く見せようとする人は、それが得策ではないことを理解していない点において、あまり利口とはいえない。
賢いと思われることよりも、他人から慕われ、一緒に笑えることのほうが大切だ。
どんな話でも、とにかく無邪気に聞きいれるという姿勢が大切だ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2012年04月05日

いま、この世界がつくられた

今からほんの数秒前、全宇宙が、何か偉大なる力によってつくり上げられた。私が生まれてからの記憶も、その一瞬のうちに植えつけられたものである。この世界は、たった今、誕生したばかりなのだ。
―― そんなことは99.999999……%ありえないだろうが、可能性がまったくないことを論理的に証明することはできない。ひょっとしたら、そうかもしれないのである。

現実は私と関係なく存在するが、私にとっての現実は、私の意識がつくりあげるものにすぎない。
苦しかった経験も、傷ついた記憶も、失敗して恥をかいたことも、すべては幻である。そう考えることだってできる。
過ぎ去った現実が、現在の私を身体的に苦しめるわけでも、物理的な障害となるわけでもない。私の頭の中だけの問題である。

どんなにつらい人生を送ってきたとしても、これまでの記憶は、ただの幻にすぎない。いまこの瞬間に、世界は誕生し、私はまっさらな状態で産み落とされたのだ。
そう考えても、何の不都合もない。それが私にとっては紛れもない真実である。
これから私の人生が始まる。過去のいっさいのとらわれから逃れて、未来を自由に創造することができる。
何だかワクワクしてきたぞ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ