2011年12月27日

強さと自信

自分はどうしようもなく弱い人間だと思っている人でも、確実に強くなれる方法がある。
「弱いなりに、ありのままの自分をさらけ出すしかない」と腹をくくることである。
どうせ隠しても他人には見抜かれているのだ。ならば、自分から素直に認めたほうがよっぽど潔い。
それが他人から見れば、芯の通った強さに見えることだろう。

自分に自信がもてない人でも、確実に自信をもつ方法がある。
「自信がなくても生きていける」と開き直ることである。
現にこれまで生きてこられたのだ。「もう生きていけない」と自分で勝手に決めつけさえしなければ、これからも生きていけるのである。
それは、誰も侵すことのできない、ひとつの大きな自信となる。

弱くても、自信がなくても、他人に迷惑をかけるわけではない。自分が損をする、ただそれだけのことである。
損をすることは、罪悪ではない。
そんな自分を責めては、よけいに損である。
他人に批判されるいわれはないし、命をとられるわけでもないのだから、堂々としていればいいのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年12月21日

他人に失望したら

他人に失望したなら、自分が成長するためのいい機会だと思い直そう。

期待するから失望する。
付き合いが長くなると、どうしても「友達なのだから」「夫婦なのだから」「親子なのだから」と甘えが生じてしまうものだ。
他人が自分の思い通りになることを期待してしまう。

だが、他人と自分とは違う人間である。
考え方も違うし、好みも性格も生きる目的も違う。
思い通りにならないのが当たり前なのである。

他人は、自分の機嫌をとってくれるために生きているのではない。
世の中は、自分に都合よくお膳立てされているものではない。
「期待」という口説き文句で他人を利用するのはやめよう。
「期待」とは、つまり「要求」である。
他人にあれこれ要求ばかりする人に、誰がよろこんで何かをしてあげようと思うだろうか。

他人に失望することは、甘えやわがままと訣別するための第一歩なのだ。
自分の足で歩き出そう。自分で道を切り開こう。
そして、もし他人が自分のために何かをしてくれたら、そのときは心からの感謝を示そう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年12月14日

慢心せず、卑下もせず

「私は賢いんだ、偉いんだ」という高慢な態度は、ひんしゅくを買う。
かといって、「私はバカにされても仕方のない人間だ」と自分をおとしめるのも感心しない。
「私は賢くはないから、虚心に他人の忠告を聞き、他人から学ぼう」と慎み深く生きるのがよい。

「私は優れた立派な人間だ」と威張りちらすのはよくない。
かといって、「どうせ私なんか、何の値打ちもない」と殻に閉じこもるのもつまらない。
「私はたいした取り柄もない人間だが、そんな私を認めてくれる人、慕ってくれる人がいることはありがたい」と、感謝しながら生きるのがよい。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年12月08日

昨日とどう変わったか

毎晩、寝る前に、「昨日と今日で、自分はどう変わったか」を考えてみよう。
どんな小さなことでもいい。

「嫌いだった人の長所をひとつ発見して、見直した」
「本を読んで新しい知識をえた」
「人に親切にしたら、とても感謝されてうれしかった」
「会議で自分の意見をうまく述べられた」
「密かに想いを寄せていた人に、一言だけ話しかけた」

一日で人間はそう変われるものではないから、もちろんほんのささいなことでいい。
24時間を過ごせば、何かひとつは変わったこと、進歩したことがあるはずだ。
それを積み重ねていけば、一年間で365の進歩がある。

日々、少しずつ「変わっていく自分」を意識してみよう。
そして、「明日は何が起こるかな」と、わくわくしながら眠りにつこう。
自分の人生もなかなか悪くないな、と思えるようになるはずだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2011年12月03日

人それぞれに事情がある

近所の人や職場の同僚にあいさつをしたのに無視をされてしまったなら、腹を立てる前に、こう考えてみよう。
相手は、気もそぞろで、あいさつどころではなかったのかもしれない。
その理由を10個想像してみる。

「なくした財布を探していた」
「夫婦げんかをして苛立っていた」
「はげしい便意をこらえていた」
「虫歯の痛みに悩まされていた」
「不眠症で頭がぼんやりしていた」
「子供の病気を心配していた」
「内緒にしているが、実は片方の耳が不自由である」
「健康診断で再検査が必要と言われ、不安で仕方がない」
「身内に不幸があって落ち込んでいた」
「大きな仕事を前に緊張していた」

他人に対する不満の多くは、想像力の欠如から起こるものである。
他人には他人の事情がある。
事情も知らないくせに、軽々しく他人を批判すべきではない。
頭の体操だと思って、他人の事情をあれこれ想像してみよう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ