2010年09月29日

正直者は馬鹿をみない

違法なことをして儲けている人間がいる。
平気で人をあざむき、傷つけ、裏切ることに痛痒を感じない人間がいる。
正直者が馬鹿をみる世の中なのだろうか。

悪いことをして利益を得、人を足蹴にし、のうのうと生きている者たちに、なぜ天は罰を与えないのか。
その理由は、「彼らはまったく得をしていないから」である。

悪事を働いて金銭的な利益を得ても、警察に捕まれば人生を棒に振ることになるのは言うまでもないが、たとえ逃げおおせたとしても、彼らはちっとも幸せではないのだ。
幸せとは、そんな表面的、形式的なもので測ることはできない。

幸せな人とは、「自分は存在する価値がある」「この世に生まれてきてよかった」と心から思える人である。
悪いことをして儲けたとしても、彼らはけっしてそんな自分に誇りをもつことはできない。
彼らは誰からも愛されない。
彼らはけっして自分を好きにはなれない。
誰に罰せられずとも、すでに自らに「むなしさ」という厳しい罰を与えている。

彼らはきっと、意識的にしろ無意識的にしろ、自らを恥じ、「自分はいったい何のために生まれてきたのだろう」というむなしさを抱えて生きていることだろう。これほど大きな不幸はない。
すでにもっとも重い罰を与えられているのだから、天はそれ以上彼らを罰しないのだ。

正直者が馬鹿をみることはない。
正直に、誠実に生きている人は、他人に裏切られて何かを失ったとしても、それは表面的な損得にすぎない。
心の一番大切な部分は、けっして奪われない。
誰に恥じることもなく、堂々と胸を張って生きていけること。それを犠牲にしてまで得るべき利益などないのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年09月23日

相手にもきっと不満がある

友人、同僚、近所の人。ささいな言動が癇にさわることがある。
文句を言いたいが、心のせまい人だと思われたくないし、関係がぎくしゃくするのも困る。
しかし、自分だけがストレスをためこみ、その原因をつくっている相手がのほほんとしているのが我慢ならない。

……と、相手もきっと思っている。
自分も知らぬ間に人の感情を害しているだろう。
他人も自分と同じように、気を遣って黙ってくれているのである。
誰にも文句を言われないから、自分はまったく人に迷惑をかけていないと思ったら大間違いだ。
みんな、ことを荒立てて関係を壊さぬよう、我慢してくれているのだ。

どうしても気になるなら、やんわりと自分の気持ちを伝えるのはかまわない。
しかし、自分だけが損をしているような言い方をしてはいけない。
自分が相手に抱いている不満の数と同じくらい、相手にもきっと不満があるのだ。
おたがいさまということを忘れてはいけない。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年09月19日

コンプレックスを抱えて

人は誰でも、コンプレックスを抱えているものだ。
一見恵まれているように見える人でも、その人なりの悩みや劣等感がある。

コンプレックスがあってもいいじゃないか。
欠点があるから嫌われるのではない。
「どうせ他人は、私の欠点を非難するだろう」と身がまえ、他人を敵視する態度こそが、うとまれるのだ。
自分が思い悩むほど、他人は自分の欠点を気にかけてはいない。

何の欠点もなく、すべてに優越していて、自信満々に生きている人と友達になりたいだろうか。そんな人はどうも近寄りがたい。
ひとつやふたつ、欠点があったほうが、人間くさくて親しみがもてるというものだ。
小説や映画の主人公も、たいてい何かしら欠点をもっている。だからこそよけいに魅力的に映るのだ。

コンプレックスを抱えながら、もがいて、あがいて、泥くさい人生を精一杯に生きていこう。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年09月13日

「しなければならないこと」などない

「会社に行きたくないが、行かなければならない」
いや、会社が嫌なら、さっさと辞めればいいのだ。
山奥の掘っ立て小屋で、作物を育て、電気もない水道もない、自由気ままな生活をしたければ、そうすればいい。
しかし、一人で生きていくのはたいそう困難である。
会社で給料をもらって生きていく方が楽だ。
雇ってくれる人がいて、一緒に仕事をしてくれる人がいて、商品を買ってくれるお客がいる。「人の助けを借りて生きている」ということだ。
一人だけの力で生きるより、人の助けを借りて生きるほうがよいと思うから、そうしているのだ。
「会社で働かなければならない」のではなく、「会社で働きたいから、働いている」のだ。

「人に気を遣わなければならない」
いや、気を遣いたくなければ、使わなくてもよいのだ。
ただし、まったく人に気を遣わない人間は、なかなか人に好かれない。困ったときに誰も助けてくれない。
誰からも好かれずに生きていくのは、味気ないものだ。
人と仲良くやったほうが楽しいから、相手を大切にしたいから、気を遣っているのだ。
「気を遣わなくてはならない」のではなく、「気を遣いたいから、気を遣っている」のだ。

「〜ねばならない」という考えは、うまくいかなかったときの言い逃れにすぎない。
自分から進んでやったことがうまくいかなければ、プライドが傷つく。
「好きでやっているわけではない」と思えば、傷つくことを避けられる。
しかし、いやいややっているからうまくいかないし、何をやっても楽しくないのだ。
それが挙げ句の果てには「私はこんなにがんばっているのに、誰も認めてくれない」という不満となって爆発する。

世の中に「しなければならないこと」などない。「いやいややらされていること」もない。
誰かに強制されているわけではなく、しなければ自分が困るから、したほうが幸せだと思うから、そうしている。
つまり、自分のために、よいと思うほうを自分の意思で選択しているのだ。

自分がそうしたいから、そうすべきだと思うから、している。
そう思ったほうが、はるかに楽しく、はるかに幸せだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年09月10日

能ある鷹は

ちょっとした知識を得たり、技術を身につけたりすると、ついつい人に自慢して、自分を偉く見せよう、賢く見せようとしてしまうのは、悪い癖だ。

わざわざ自慢するようなことは、実は、たいしたことはないのだ。
現に、人から聞かされる自慢話のほとんどは、「それがどうしたの」と思うようなことばかりじゃないか。

本当に実力のある人は、むやみにそれをひけらかそうとせず、むしろ隠そうとするものだ。
素知らぬふりを装っておいて、ここぞというときにその能力を発揮するのが、恰好いい。

隠したいと思うほどの能力を秘めた人間になりたい。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年09月06日

とりあえず置いておく

大きな壁にぶつかって、身動きがとれなくなったとき。
「答えが出るまで悩み続ける」「あきらめる」のほかに、もうひとつ選択肢がある。
「とりあえず置いておく」のである。

逃げるわけではない。結論を急がないということだ。
「この問題が解決しなければ、私の人生ははじまらない」と考えてはいけない。
それほど重大な問題ならば、長い時間をかけて答えを見つければいいのだ。

とりあげず、いま、ほかにできることをすればいい。
頭だけで理屈をこねくり回して、できることさえやらないというのは、それこそ人生から逃げることになってしまう。

恋愛で失敗したなら、仕事や勉強をがんばればいい。
仕事で行きづまったなら、家族との関係を見直してみればいい。
ほかの問題に取り組んでいるうちに、ひょんなことから悩みが吹っ切れることもあるのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ
2010年09月01日

自分が何をしたいのか

他人がああしてくれない、こうしてくれない、と「他人がしてくれないこと」に文句を言っていては、けっして幸せになれない。

自分だって、「他人にしてあげていないこと」は山ほどある。
それを誰かにいちいち指摘され、非難されては、そんな人との付き合いはご免こうむりたいと思うだろう。

他人にどう扱ってもらうかで人生が決まるのではない。
自分の人生を他人まかせにしておいて、思い通りにならないと文句を言うのは、あまりに横着というものだ。

不満を感じたときは、こう自分に問いかけよう。
「それで、自分はどうしたいのか」

「自分が何をしたいのか」が幸せを決めるのだ。

(文・たかたまさひろ)
このページの上へ